2007年5月26日 講演会のお知らせ 
 

会場 名古屋大学工学部TB電子情報館大講義室
日時 2007年5月26日(土)10:00〜17:10
講演者

トヨタ自動車株式会社 藤根氏
三菱自動車株式会社  藤井氏
アイシン精機株式会社 萩田氏
株式会社伊藤製作所  伊藤澄夫
愛知製鋼株式会社   住田氏
株式会社野口製作所  村尾氏
株式会社デンソー   光川氏

内容 第256回塑性加工シンポジウム
自動車の軽量化を支える塑性加工技術
主催 主催:日本塑性加工学会(実行:東海支部)
協賛 軽金属学会・精密工学会・日本機械学会・日本金属学会・日本材料学会・型技術協会・日本金属プレス工業協会・自動車技術会・素形材センター・日本鍛造協会・日本金型工業会・日本鉄鋼協会・日本アルミニウム協会・日本セラミックス協会
趣旨 近年、二酸化炭素削減、あるいは温暖化防止等の地球環境保全の観点から自動車の軽量化に対するニーズが高まっており、安全性の確保、利便性向上、及びコストダウンに配慮した軽量化材料の加工技術の開発が望まれている。特に塑性加工に関わる要素技術として、部品の小型軽量化のための薄肉化、差厚化、あるいは特殊形状化を実現する塑性加工技術の開発が望まれている。本シンポジウムでは、自動車メーカの視点に基づく開発動向の総論の後、各メーカにおける部品加工の適用事例を中心とした軽量化加工技術開発についての6件の幅広い観点の講演を設定しており、最終の総合討論では今後の方向について考える。

詳細は下記をクリックして下さい